キツい割に給料安い介護職

キツい割に給料安い介護職

私が働いたのは20歳の時でした。資格がなくても正社員で働けるという求人に惹かれて応募しました。結果はその場で内定。正社員でしたが、なぜか時給制でした。しかも900円と、その辺のアルバイトと変わらない時給でした。この時からすでに「あれ?」と思っていました。

配属は家から近い老人ホーム。出来たばかりのキレイな施設でした。1日の計画表が決まっており、その通りに各部屋を訪問するという感じでした。若かった私は職員さんたちから可愛がられましたが、ベテラン職員さんたち同士はとても仲が悪かったです。いつも睨み合って悪口を言い合っていました。女ばかりだったせいか、ギスギスしていました。私はそれもストレスでした。

1番嫌だったのは、先輩たちが明らかに面倒な入居者さんたちの相手を私たち新人に押し付けていたことです。
ナースコールのようなものがあるのですが、面倒な入居者さんからのコールは「あんた行きなさいよ」オーラを出されました。下っ端なので行くしかありません。計画表の訪問でキッツキツでも先輩たちは変わってくれません。「これで時給900円か」と思うと嫌な気持ちがどんどん募って行きました。

入居者さんたちは若い私を可愛がってくれました。そこは嬉しかったです。しかし、「若いうちにこんな仕事しないで、別の仕事しなさい。」と色んな入居者さんに言われました。「確かに正社員なのに時給だし、今やる仕事ではないのかな。」と思い始めるようになりました。入居者さんのこの言葉が辞める一番のきっかけになったように思います。

普通のOLにはなりたくないと思っていた私。介護職をやっている時、ふと見上げたビルではOLさんがオフィスで働く姿が見えました。それがとても輝いて見えて、「私、OLになった方がいいかも」と思いました。初めての就職で、辞めていいのか悩みましたが、「若いうちにやる仕事じゃない」という入居者さんの言葉が離れません。最後の方は毎日悩みながら仕事をしていました。

誰にも相談することなく、施設長に直接「辞めたい」と伝えました。
相談して引き止められたら揺らぎそうだったので、1人悩んで決めました。施設長はがっかりしていましたが、私はもう限界でした。

1人ではとても抱えられない大きなおじいさんをお風呂に入れる。先輩は面倒だったので私に押し付けたのでしょう。入れ方もわからない私はゆっくりゆっくりと怪我をさせないように全身を使って入れました。「誰も教えてはくれない。助けてはくれない。」そんなところでした。補助具?のようなもので入れることができることは後で知りました。

時給900円でこんなことやってられない!先輩たちは固定給なのに!そんな思いで毎日過ごしました

若かったので辞める決断も割と早く出来ました。次は見つかってなかったけど、まだ実家住まいだったので辞めても困らないし。

今思い返してもとてもキツイ仕事でした。生半可な気持ちでできる仕事ではありません。介護職の人たちのお給料がもっと上がるといいのにな。と思います。
そんな色んな要因が重なって私は介護職を辞めてOLになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です